本文へスキップ

代表番号:(052) 711-8889

〒461-0043 名古屋市東区大幸四丁目18番24号


老年内科geriatric

老年内科

 最新の医学的知見に基づいた抗加齢治療によって加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、活力のある高齢者の社会参加を支援します。


 老化という兆候や症状についても、検査により早期発見、早期治療、生活指導を行うことによって、加齢、老化の予防を実現することが可能となります。老化の兆候といった弱点を見つけ、早い時期から徹底的に対処する事が重要です。

 骨密度(DEXA法)、基礎代謝量測定、脈波伝播速度、およびCT検査など、老化の早期発見に必要な各種検査設備を揃えているため、各種検査データからその方に最適な治療メニューを構築します。




出典:葛谷雅文「老年医学における Sarcopenia & Frailty の重要性」日本老年医学会雑誌 46(4), 279-285, 2009-07-25


治療内容

骨折・筋肉力低下・・・骨吸収阻害薬による骨強度の増強、ロコモ体操の推奨、運動量の増強

ご高齢の方に注意・・・骨粗鬆症では活性型ビタミンD製剤を処方されることがあります。活性型ビタミンD製剤を過剰服用すると腎機能が急激に悪化することがあります。血清クレアチニン値の上昇が見られない範囲で服用してください。不安を感じられましたら一度ご相談ください。


食欲低下・不眠
・・・食欲増進、良好な睡眠


嚥下機能低下・脳機能不全
・・・日本老年医学会が発表している「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」が推奨する漢方の利用